IT導入で新しい日本語教育へ

今春から本格的に始動したオリジナルのe-Learningシステムの開発と授業での活用。毎日の確認テストも宿題もスマホやパソコンで効率的に、楽しく、そしてしっかり取り組めるようになりました。オンラインでもオフラインでも、教室でも寮でも、そしていつでも学習できる、そんな新しい日本語教育の実現を目指し、創t国際学院はIT化を積極的に推進しています。

日本文化体験 生け花

今回の日本文化体験は生け花!簡単そうに見えてもとても難しい・・・。そして、見る角度によって全然違う仕上がりになる生け花。でもみんな楽しく体験し、日本文化を勉強できました。

登録支援機関として登録されました

昨年から始まった新しい就労ビザ「特定技能」で来日する外国人労働者に対して各種支援を行う登録支援機関として登録を受けました。これからは留学生だけでなく、より幅広く外国人へのサポートを行ってまいります。

教室での授業を再開しました

5月25日、教室での通常授業を再開しました。帰国したまままだ戻ってくれていない学生や入国できていない新入生はオンラインで参加。新型コロナウイルス感染予防の対策もしっかりやって再始動!

卒業式

卒業式!今回は新型インフルエンザ感染拡大の影響で、卒業生だけ出席の小規模開催でしたが、笑いあり、涙ありのいい式典となりました。

中学生とのスポーツ・文化交流

四郷学院の8年生(中学2年生)と創智国際学院の留学生50人が卓球、サッカー、バスケットボール、音楽、書道でスポーツ・文化交流を行いました。留学生には日本語を使って日本人と楽しみながら交流でき、中学生は外国語に触れる機会、そして外国人に日本語や日本の文化を伝える工夫を楽しみながら体験。多文化共生に向けた取り組みとしても非常に有意義なイベントでした。

琴丘高校で国際交流!

インドネシア人学生11人が姫路市立琴丘高校で国際文化特別講義(グローバル・レクチャー)の講師として、インドネシアの文化、習慣、音楽、言語の紹介と、高校生の皆さんとの交流を行いました。

第14回 古墳祭りに参加!

創智国際学院がある四郷町は、80を超える古墳が点在している古墳のまちです。これら地域の歴史文化遺産である古墳に理解を深めてもらい、活動を通じて絆を強め、ふるさと四郷への愛が生まれ、地域が明るく元気になるよう、毎年開催されている古墳祭りに初めて参加しました!

雅楽を鑑賞、体験!

日本の古典音楽の一つ、雅楽を鑑賞しました。普段体験できない特別な空間と音楽に参加者みんな感動しました。鑑賞後は雅楽の衣装と楽器演奏の体験もさせていただきました。

神戸で校外学習!

10月22日、秋の校外学習として、神戸の神戸海洋博物館とカワサキワールドの見学、そして南京町(中華街)の散策をしました。日本の技術の進歩と港町神戸の魅力を体感できる楽しい一日となりました。